歴史43

明治時代の総理大臣であった大隈重信は、学生時代に「二度と文字を書かない」と宣言し、それを死ぬまで守り通した。

この記事のURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。下のテキストボックスからコピーしてください。
コメントで内容を補完してくれると次に見た方がさらに多くの知識を学べます。ご協力いただけると嬉しいです。

コメント

コメントを書く

関連する雑学